2016年6月4日土曜日

Realforceキーボードをカスタマイズ ~HHKBキートップの適用~

RealforceにHHKBキートップ
RealforceにHHKBキートップ

以前、このブログでご紹介したパソコンのキーボード。

(以前の記事)久々に凄い日本製
http://coating.th-angel.com/2015/03/blog-post_2.html


コーティングとは直接関係ないのですが、とても使い心地が良い日本製キーボードということで、思わず投稿しました。

それから、数か月ほど使用していますと不満な点も出てきました。

購入したキーボードは、全身黒のタイプです。


realforce 黒キーボード
購入した黒いRealforceキーボード
(写真はAmazonから引用)

キーボードトップに表示されている文字がベージュっぽいためか、読み取り難いのです。照明が薄暗い状態だと特に厳しいです。

それに加えて、指先の皮脂などが付着して、黒いキートップがテカってくるのです。


このような問題は、買う前からある程度想定していました。

Realforceは白いキーボードも選べるのですが、白いタイプではキートップがアルファベットのほかに「かな文字」も刻印されています。

「かな文字」を使ってタイプしないですし、無駄な表示のように思えたので、あえて黒いキーボードを選びました。
以前使っていた他のキーボードが白かったこともあり、Realforceを購入する際は黒にしてみたかったことももう一つの理由です。

ネットで調べてみると、Realforceには着せ替えできるキートップがあります。色は白、黄、オレンジ、赤、青が手に入るようです。


realforce 交換キートップ
ダイヤッテック・オンライン掲載のカラーキートップ
(写真はダイヤテック・オンラインから引用)

着せ替えの例として下記のようなブログ記事があります。
東プレRealforceキートップの外し方と交換方法。カラフルキーボードへカスタマイズする。  
http://jisaku-game.com/archives/1069

しかし、ネットで見た感じでは、黒いボディに黄色やオレンジ、青や赤はとても派手な感じで、どうもしっくりきませんし、白も含めてこれらの着せ替えキートップは、前述のように不要な「かな文字」が刻印されています。

ダメだ―。とあきらめかけていた時に、なんと、マニアックなキーボードで有名なPFU社のHHKB(ハッピーハッキングキーボード)と、Topre社のRealforceは基本構造が同じなので、キートップの構造的な互換性があるということがわかりました。

余談ですが、HHKBはPFU社からTopre社に製造委託(OEM)されたものらしいです。


調べてみると、HHKBには交換用キートップが市販されています。
PFUのHHKB交換用キートップ
PFUのHHKB交換用キートップ
(写真はPFU通販サイトから引用)

しかも白の交換用キートップがカッコいいではないですか。単純に白いだけでなく、「文字キー」は純白で、「Enterキー」や「BSキー」などは明るいグレーのツートーンカラー!!!。もちろん不要な「かな文字」は表示無し。

よーし、これだー

!ドーン! 

RealforceとHHKBのハイブリッド カスタマイズ RealforceにHHKBのキートップを装着
黒のRealforceをベースに、
PFUのHHKB交換用キートップ「白とグレー」を装着

結果、下記のようなチューンナップができました。メリットとデメリットをあげてみましょう。


【メリット】
視認性が向上し、タイプしやすくなった。
皮脂付着などによる、テカりが気にならなくなった。
オンリーワン的な感じがあり、愛着がわく。


【デメリット】
HHKB交換キートップ追加購入、4,500円(税別)が必要。



と、自己満足しながら、仕事頑張りま~す。




よろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ 人気ブログランキングへ


2016年4月19日火曜日

シリコーンレジンコーティングの施工は簡単です(^^♪


これまで、「弊社のシリコーンレジンコーティングは拭き取りが大事です」と、言い続けていたためか?下記のようなご質問がありました。



シリコーンレジンコーティングの拭き上げ感は、これまでの一般的なコーティング剤と比較しての微妙な差異とお考えください。

拭き上げながら「アレっ」という程度のことです。



「拭き取りや仕上げには電動ポリッシャーが必要ですか?」


いいえ、そんなことはありません。



キレイなマイクロファイバークロスを使い、手で入念に拭き上げていただければ大丈夫です



それは「体力よりも丁寧さが大事」というような感覚です。


普通の体力の方が、他の市販コーティング剤と同じような方法で充分にご利用いただけます。



拭き残しがないように、丁寧に作業していただければOKです。


拭き残しがありますと、そこに汚れがつきやすくなります。



比較的ラクな方法としては、水洗い洗車後水滴が付着している状態から、スポンジなどにシリコーンレジンコーティングを吹き付けながら※コーティング剤を塗り、その後、水気を拭き取りながら一回拭き上げます。

※.シリコーンレジンコーティングは、直接塗装表面にスプレーしてもよいです。



乾燥後あるいは乾燥しつつある表面を、もう一度キレイなクロスを使って入念に(磨くような感覚で)拭き上げます。



仮に拭き残しがあった場合でも安心してください。

拭き残しがあることを、一週間後あるいは一か月後に気づいたときでも大丈夫です。



拭き残しに気づいたら、水洗いやシャンプーで洗車をしたときに、クロスで拭き上げればOKです。



シリコーンレジンコーティングは後から強く拭き取っても、コーティングとして必要な密着分は充分残っています。


強く拭き取ると、むしろ塗装が傷つきやすくなりますので、あくまでも優しく丁寧に拭き取ってください。



上手に仕上げていただければ、撥水性・防汚性や光沢の持続力を実感していただけるものと思います。




よろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ 人気ブログランキングへ

2016年1月18日月曜日

分類ラベルにより、ブログ記事にアクセスしやすくなりました

本ブログの記事をキーワードごとに分類し、関連する記事にアクセスしやすくなりました。

ブログ上部にキーワードとして、「イオンデポジット」「ウォータースポット」「ハイブリッドコーティング」などの分類ラベルが表示されています。

このラベルをクリックしていただきますと、関連性の高い記事が1ページにまとめて表示されます。

スマートフォンやタブレットの場合は、ブラウザを「PCモード」や「PC用表示」などに切り替えていただきますと、分類ラベルが表示されます。

上から下にスクロールしますと、各記事をご覧いただくことができます。

さらにキーワードに対して、漏れなく検索していただく場合は、ページ右側のやや上側にあります「ブログ内を検索」をご利用ください。

本年もよろしくお願い申し上げます。




よろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ 人気ブログランキングへ