2017-07-12

「コーティングのはなし」記事一覧について 

いつも「コーティングのはなし」をお読みいただきありがとうございます。

本ブログ記事の一覧表ページができました。

記事一覧ページのURLは下記のとおりです。
http://coating.th-angel.com/p/blog-page_12.html

この記事一覧は、記事が投稿されますと自動的に最新の状態となります。ブックマークしていただけますと、記事へのアクセスがしやすくなるかと存じます。

今後とも、本ブログおよび、THエンゼル・キラサク製品をご愛顧いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

よろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ  人気ブログランキングへ

2017-07-01

キラサク GPコーティングとEXコーティングの違い

最近、「GPコーティングとEXコーティングのどちらを選んだらよいですか?」という、ご質問をいただくことが増えております。

成分の違いと、仕上がり感や撥水性・耐久性の違いについてご説明いたします。

成分の違いは下記のとおりです。

GPコーティング(以下、GP)の成分
シリコーンレジンを高純度・高濃度配合したタイプです。

EXコーティング(以下、EX)の成分
シリコーンレジンに、フッ素樹脂を加えたタイプです。
シリコーンレジンの濃度は、EXよりもGPのほうが高いです。


GPとEXの、艶感、撥水、耐久性、施工性、感触の違いを、下記のようにピックアップしてみました。

●艶感について
透明性は、EXよりもGPのほうが高いです。
隠蔽性は、GPよりもEXのほうが高いです。
上記の差はわずかですので、艶感は好みの問題になります。傾向としては上記のようになります。

上記のようになる理由をもう少しご説明します。

・透明性について
一種類の樹脂(シリコーンレジンのみ)で構成されるGPは、被膜を透過する光の乱反射が少ないため高透明です。

・隠蔽性(いんぺいせい)について
二種類の樹脂(シリコーンレジンとフッ素樹脂)で構成されるEXは、樹脂ごとの光のわずかな屈折率差によって、被膜を透過する光の乱反射がGPよりもEXのほうが多いため、微細な傷などが目立ちにくく(隠蔽性が高く)なります。

このため、下地の状態が良い鏡面の場合は、どちらかというとGPが適しています。
淡色車で微細傷が気になる場合は、どちらかというとEXが適しています。
濃色車は、どちらかというとGPが適しています。

●撥水について
撥水性は、EXよりもGPのほうが長期間持続します。
初期の撥水性は、GPよりもEXのほうがわずかに高いです。

●耐久性について
EXよりも、GPのほうが撥水性や防汚性が長持ちします。

●施工性について
GPよりも、EXのほうが施工がラクです。
施工性の違いは、下記の感触の違いによるものです。

●感触について
施工時および施工後は、GPよりもEXのほうが表面が滑ります。
EXのほうが滑るのは、フッ素樹脂添加によるものです。

【施工時にご留意ください】
GP/EXともに、拭き上げの際に、余分なコーティング剤が残らないように、しっかりと拭き取り・仕上げをおこなってください。
拭き取り・仕上げを上手におこないますと、美観・耐久性など最高のパフォーマンスを発揮します。

(参考)キラサク・ボディケアの選び方

あなたにぴったりのキラサク・ボディケアはどれ?

それぞれ個性的なラインナップ。どれも手塩にかけ自社工場にて開発製造しています。
あなたのライフスタイルにぴったりな、ボディケアを見つけてくださいませ!
いづれの商品も、自動車・バイク・自転車の外装塗装部にご利用いただけます。




キラサク

ボディケアシリーズ


GPコーティング


EXコーティング


イーズワックス
Gポリッシュ※


シリカコート
キラサク GPコート
キラサク EXコーティング
キラサク イーズワックス
キラサク Gポリッシュ
キラサク シリカコート
水性
水性
水性
水性/
有機溶剤入
油性
仕上がり
水玉コロコロ撥水
★★★★★
★★★★★
★★★☆☆
★★★☆☆
★★★★★
光沢・輝き
★★★★★
★★★★★
★★★☆☆
★★★★☆
★★★★★
耐久性
長持ち
★★★★★
★★★★☆
★★☆☆☆
★★★☆☆
★★★★★
劣化・酸化しにくさ
酸性雨に対する強さ
メンテナンス
水アカ・油汚れがつきにくい
★★★★★
★★★★★
★★☆☆☆
★★★☆☆
★★★★☆
汚れを落としやすい
作業性
カンタン・ラクラク施工
★★★☆☆
★★★★☆
★★★★★
★★☆☆☆
★★★☆☆
磨きとワックスが一度に
安全環境
人体・クルマボディ安全性
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★☆☆
低環境負荷
容量
(普通車塗布の場合)
300ml
(約10台)
300ml
(約10台)
300ml
(約10台)
200ml
(約5台)
200ml
(約5台)
通常価格(税別)
1,500円
1,800円
650円
1,200円
2,500円

※.Gポリッシュはナノパウダー研磨剤を含みますので、再塗装や古くなって傷んだ塗装にお使いいただく際には、目立たない部位などでテストをおこなってからご使用を判断してください。


よろしければブログランキングにポチッとお願いします。
ブログ村へ
 人気ブログランキングへ

コーティングのはなし ブログの記事一覧を表示するページです。
一覧リストを表示するまで、少々時間がかかる場合があります。


2017-02-28

コーティングの耐熱性について

他社さんには、1000℃以上の熱に耐えうる車のコーティングがありますが、THエンゼルさんのコーティングは耐えられますか?と聞かれました。

1000℃に耐えるとは、どのようなことですか?と、逆質問をしてみました。

くわしく聞いてみますと、コーティングした表面に燃料をかけて燃焼させても、コーティングとその下の塗装には影響なく、燃焼時に付着した煤(すす)が簡単に取り除けるということのようです。

みなさまお気づき通り、わずか数ミクロン程度のコーティングの耐熱性が高くても、断熱性はほぼゼロですからから、仮にコーティングが耐えたとしても、その下の塗装は1000℃には耐えられずに真っ黒の炭になりますよね。

それでは、なぜそのようなことが言えるのでしょうか。

これは、大道芸人さんが使う技のひとつです(笑)。
芸人さんが、体を燃やした(ように見せ)たり、口から火を噴くアレです。

そのカラクリ(理由)を説明した、子供向けの科学実験をYouTubeでどうぞ!



このYouTubeでは、比熱の大きな水で指先をコーティングしているので、高温が伝わりにくいと言っていますが、熱くない理由はもうひとつあります。

それは、燃焼物が気化しながら燃えるからです。
気化熱(蒸発熱)の作用により、周囲の熱をうばいとるため、温度が下がるわけです。

指先や人肌の場合は、火傷を避けるため水が必要ですが、塗装表面の場合は、水で濡らさなくても可能です。

濡れた体に扇風機の風を当てると、かなり涼しくなりますね。

コーティングをしていると、ちょっとした煤(スス)ぐらいでしたら、拭き取れば簡単にキレイになります。

正しい耐熱試験の方法
正しい耐熱試験の方法は、コーティングを含めた塗装表面温度が1000℃になるように熱する必要があります。

ガスバーナーで、コーティングした塗装表面を焼いてみてください。1000℃ですと鉄板が真っ赤~黄色になり、塗装自体が真っ黒焦げに炭化しますので、実験は成立しません。

加熱した鉄の温度と色について、参考となるウェブサイトをご紹介いたします(第一鋼業株式会社さまウェブサイト)。

http://www.daiichis.com/heattreatment/11_feeling.html#11-2


このURLでは、日立金属工具鋼株式会社さまのSLD(工具鋼)の一種に関連して、色見本が掲載されています。


以下のYouTubeは、外国語で会話していますが、映像としてとてもわかりやすいので、引用させていただきます。


よろしければブログランキングにポチッとお願いします。
ブログ村へ
 人気ブログランキングへ



コーティングのはなし ブログの記事一覧を表示するページです。
一覧リストを表示するまで、少々時間がかかる場合があります。