2013-09-30

シリコーンレジン・エマルジョンによるコーティング剤について

キラサクのシリコーンレジンコーティング剤は、洗車後濡れたままのボディに吹き付けたり、スポンジに取ってすぐにコーティング施工が可能です。


それは、シリコーンレジンを水性の「エマルジョン(emulsion)」化しているからなのです。
エマルジョンは日本語では「乳化物」のことです。文字通り牛乳のように白濁した液状の状態を言います。



エマルジョンの身近な例は、化粧品の乳液やマヨネーズがあります。牛乳もエマルジョンです。
エマルジョンの解説は、ネット検索を引けばくわしく説明されています。

簡単に言うと水と油のように 普通には混ざりにくいもの同士を混合し、水の中に油が小さな粒子としてきれいに分散しているような状態です。

シリコーンレジンのエマルジョンは、水の中に非常に小さな粒子状になったシリコーンレジンが分散した状態のものです。
シリコーンは、通常油と同じように水とは混ざらないものなので、激しくかき混ぜても、数分で層状に分離してしまいます。

シリコーンレジンをエマルジョン化するには、シリコーンとの親和性を持つ有機基と、水との親和性を持つ有機基を併せ持つ乳化剤を使用します。乳化剤がシリコーンを包み込み、カプセル化(ミセル)したように水の中にきれいに分散させるわけです。

この分散の出来具合、すなわち乳化の状態がコーティング剤としての使い心地や、品質の安定化に重要なものなのです。

(参考)ガラスコーティングを補うコーティング剤 ~メンテナンス剤として~


よろしければブログランキングにポチッとお願いします。
ブログ村へ
 人気ブログランキングへ

コーティングのはなし ブログの記事一覧を表示するページです。
一覧リストを表示するまで、少々時間がかかる場合があります。