2020-06-26

シリコーンレジンコーティングの塗装部以外への適用について

塗装表面やガラスコーティング等の硬化型コーティング表面以外の自動車各部位への、シリコーンレジンコーティングの適用について、下記のようにまとめました。


1.ヘッドライト

樹脂製・ガラス製のヘッドライトレンズにご利用いただけます。

ヘッドライトレンズへの施工の場合、ボディ塗装部のような高撥水にはなりませんが、防汚性は期待されます。


2.メッキ

メッキ部にご利用いただけます。

メッキ部への施工の場合、ボディ塗装部のような高撥水にはなりませんが、防汚性は期待されます。


3.窓ガラス

窓ガラスについては、下記の弊社ブログ記事をご参照願います。

・窓ガラスへのシリコーンレジンコーティング
https://coating.th-angel.com/2018/01/blog-post.html


4.外装の樹脂類

無塗装樹脂のバンパー、樹脂フェンダーなどにお使いいただけます。
もちろん、塗装してある樹脂バンパー、樹脂フェンダーなどにもお使いいただけます。


5.内装の樹脂や木製部位

樹脂や木製ダッシュボードなどの内装にご利用いただけます。

ただし、合成皮革(アルカンターラを含む)や天然皮革のダッシュボードやシート・ハンドルなどの内装については、下記「皮革」をご参照願います。

ダッシュボード等が木製の場合、塗装がされていればご利用いただけますが、塗装が剥がれたり、未塗装の場合はシミになる可能性がありますので、お客さまにてご判断願います。

木目調・アルミ調・カーボン調の部位にもご利用いただけます。

内装部で滑りが出ると支障がある部位は、滑りにくいGPコーティングやブルーラベルをお使いください。EXコーティングは滑りが出ます。


6.皮革

皮革は素材、加工方法、染色方法、劣化状態など千差万別です。

適用がご心配な場合は、目立たない部位に塗布して事前にご確認願います。

<使用できると考えられる部位>


  • 合成皮革の表革(起毛していないこと)
  • 天然皮革の表革(起毛していないこと。ヌバックは使用不可) 

<使用できない部位>


  • 起毛した合成皮革(アルカンターラなど)
  • 起毛した天然皮革
  • 劣化したすべての合成皮革
  • 劣化したすべての天然皮革


EXコーティングは、滑りが出るため、皮革シートやハンドル・ステアリングなどの滑ると危険な部位には使用しないでください。

GPコーティングやブルーラベルは、滑りにくく、皮革シートやハンドル・ステアリングにも使用できます。


7.ゴム、タイヤ

ゴムについては、下記の弊社ブログ記事をご参照願います。

・タイヤなどのゴムへのコーティング
https://coating.th-angel.com/2017/02/blog-post.html


8.ホイール

素材がアルミニウム、鉄、マグネシウムなどのホイールは、酸化・腐食を避けるため、金属地肌が表出していることはなく、クリアなどの何らかの塗装をしているようです。

このため、傷などのない塗装が正常なホイールは、ボディ塗装部と同様にコーティングが可能です。

ただし、損傷を受けたり、経年劣化などによる塗装の剥がれが発生しているホイールは、塗装を含めた補修が必要です。補修がされた後に、コーティングをおこなってください。


よろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

カー用品・装備ランキング

コーティングのはなし ブログの記事一覧を表示します。
一覧リストを表示するまで、少々時間がかかる場合があります。