2013-09-22

2.シリコーン:silicone?シリコン:siliconではないの

まず、疑問として上がるのが「シリコン(Silicon)」と「シリコーン(Silicone)」の違いではないでしょうか。わざわざシリコーンって伸ばしてるのは何なの?って思いますよね。

ゴム状の調理用品・シャンプーなど化粧品に、建築用防水コーキング材から太陽電池、パソコンやスマホなど、ほとんどすべての電子機器に搭載されているICチップの中身などなど。

実はこの中には、似て非なるものであるシリコンとシリコーンが混同されているようなのです。

感覚的な話しで恐縮ですが、シリコンは石のように硬いもの、シリコーンはゴム状やグニャグニャしたスライム状?の
ものみたいな感じがするのですが、いかがでしょうか?

えっ違う、シリコーンなんてしらないよ!

アバウトな話しはこのくらいにして、定義がどうなっているのか?Google先生に問い合わせれば多くの情報が検索できます。

少なくとも、シリカ(Silica:ガラス)も含めて、シリコン、シリコーンは、すべてケイ素(Si)元素が中心を成す物質のことです。

シリコン(Silicon)は、英語でケイ素元素そのもののことですが、一般的にはケイ素の純度が
非常に高い化合物を応用した、半導体や太陽電池に使用されている、シリコンウェハを指すことが多いようです。

電子機器に搭載されている半導体チップは、シリコンの結晶体を板状に切り出したウェハの上に、トランジスタや抵抗やコンデンサや配線などの電子機能を細かく印刷しているわけですが、この小さな板は純度の高いものでなければならなりません。

そのために自然界に豊富に存在し、手に入れやすく、高純度化しやすいケイ素が原料として使用されているのです。

半導体チップに使用するシリコンは、ケイ素の純度を99.999999999%(イレブンナイン)程度以上までに高めたものです。ですから半導体チップとして電子回路を乗せたウェハは、限りなく「シリコン」と言っても差し支えないものなのです。

いかがでしょうか、シリコンはすなわちケイ素の意味ですが、
高純度ケイ素でできた結晶体のイメージどおりに、身近な工業製品のかたちとしても、非常に硬いものなのです。

 「一般にシリコン」と呼んでいるものには、柔らかいゴム状やオイルのような液状のものや、樹脂など固形の形態でよく見るものがあります。これらが実は「シリコーン(Silicone)」となるのです。

このようにシリコンは、ケイ素純度が高い石ころのように硬いもので、主に電子機器の半導体チップや太陽電池セルに使われているものです。

一方のシリコーンは、調理器具のようなゴム状のものなどと硬いシリコンとは区別されるものですが、シリコーンを理解するために、シリコンとシリコーンの製造方法からみていきましょう。

シリコーンレジンコーティングについて
1.シリコーンレジンって何ですか?
2.シリコーン?シリコンではないの
3.シリコンは石ころから、そして・・・
4.シリコンからシリコーンへ
5.シリコーンっていったい何
6.シリコーンの仕組み
7.シリコーンをコーティングに
8.コーティングはみな同じ?
9.シリコーンレジンコーティングとは
(参考) ガラスコーティングを補うコーティング剤 ~メンテナンス剤として~


よろしければブログランキングにポチッとお願いします。
ブログ村へ
 人気ブログランキングへ

コーティングのはなし ブログの記事一覧を表示するページです。
一覧リストを表示するまで、少々時間がかかる場合があります。