2014-02-27

超撥水コーティングの防汚性は最強!しかし、、

コーティング市場では「防汚効果は親水性や超親水性によるものである」という、都市伝説的な話しがあるのですが、


本当の防汚性は、超撥水・超撥油表面が最強です。


以前ご紹介しましたように、


「ガラスコーティングの親水性は、油分等による表面汚染が進行するため親水性の維持ができない」

(参考)親水性とは
http://coating.th-angel.com/2013/11/blog-post_13.html
(参考)ガラスの親水性
http://coating.th-angel.com/2013/11/blog-post_14.html
(参考)親水性と防汚 ~ポリシラザンガラスコーティングを例として~
http://coating.th-angel.com/2013/11/blog-post_15.html



「光触媒コーティングによるによる超親水性表面は、被膜がすぐに剥がれ落ちるため親水性が維持できない」


(参考)親水防汚:光触媒の現状と課題 その1
http://coating.th-angel.com/2013/12/blog-post.html
(参考)親水防汚:光触媒の現状と課題 その2
http://coating.th-angel.com/2013/12/blog-post_2.html

というような課題がありましたね。
親水性や超親水性表面は、付着した汚れに雨などの水が降りかかり、親水性表面と汚れの間に水分が入り込み、水と汚れが一緒に流れ落ちるというものですが、

超撥水・超撥油表面はそもそも水分や油分を含んだ汚れを、強烈にはじくので「汚れそのものを寄せ付けない」最強の防汚表面なのです。


汚れを寄せ付けない例を動画で見てみましょう。

これは米国UltraTech Internationalの「Ultra-Ever Dry」という超撥水・超撥油コーティングの実証ビデオです。


いかがですか?凄いでしょう。

これがクルマボディ塗装や、窓ガラスにコーティングできたら夢か魔法のようですね。

そして今月ですが、三菱電機さんから【空気の膜で粉じんや水滴、氷雪の付着を抑制し、「きれい」を維持 「スマートエアコーティング」を開発】という超撥水性コーティングを開発した、とのニュースが流れました。

(参考)三菱電機株式会社 ニュースリリース http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2014/pdf/0213-b.pdf

ということで、上記の米国の「Ultra-Ever Dry」と、三菱の「スマートエアコーティング」を調べてみましたら、やはり微細な凹凸表面によるものですので、半透明~不透明表面となるようです。

加えて、微細な凹凸表面の耐久性(耐摩耗性)は未知数なので、透明感が重要な自動車ボディコーティングへの適用はまだ少し先のようです。


このような「超撥水・超撥油表面コーティング」は、夢や目標としては大変魅力的ですね。


(参考)超撥水性コーティング http://coating.th-angel.com/2014/02/blog-post_4.html
(参考)超撥水・超撥油防汚コーティング実験を開始 http://coating.th-angel.com/2014/04/blog-post_25.html
(参考) 日産超撥水コーティングのつづき http://coating.th-angel.com/2014/04/blog-post_28.html



よろしければブログランキングにポチッとお願いします。
ブログ村へ
 人気ブログランキングへ

【関連ページ】
コーティングのはなし ブログの記事一覧を表示するページです。 一覧リストを表示するまで、少々時間がかかる場合があります。